歯科処置

歯科処置について

犬では3歳以上で約8割に口腔内に何らかのトラブルを抱えていると言われています。歯石除去、歯垢除去は口臭予防だけでなく人間と同様に健康維持に大変重要なケアです。
歯科処置では、歯の表面だけではなく歯間や歯周ポケットの中まで行う必要があります。また、表面だけではなく歯の裏側も同じように汚れているためしっかりと口を開けて内部まで精査する必要があり、無麻酔ではこのような処置を十分に行うことが出来ません。そのため口腔内疾患の治療には全身麻酔での処置が基本となり、他の外科手術と同様、安全に麻酔を行うために術前検査も重要となります。

ポリッシング

また歯科処置は歯垢、歯石の除去だけでなく、再び歯垢、歯石をつきにくくするようにするためにポリッシングという表面を磨く作業も重要になります。

歯科用デジタルX線装置

当院ではX線撮影の際、通常のX線だけでなく、歯科専用のデジタルX線も完備しております。

破折治療

硬い物を咬んでいて歯の表面である歯冠部が折れてしまうことを破折といいます。歯髄が露出した状態で放置してしまうと細菌感染から歯髄炎となり、歯を保存することが難しくなります。破折してしまった歯は受傷後早期であれば、コンポジットレジンという特殊な樹脂によって元の歯に近い状態に修復することができます。

日帰り処置

当院では一般状態に問題ない子であれば基本的に入院させることなく日帰りでの処置になります。
また、セカンドオピニオンとして歯に関する様々な相談も承ります。